言の葉紡ぎのパラブログ

言葉で世界にかけ橋を。

苦手の克服は、ときに人生を再誕させ得る可能性を秘めたカタルシスを生む

迂遠な書きもの #4

先日、1泊2日の旅程を組んで、金谷にて勉強会イベントに参加した。

表向きは3団体での合同開催となっていたものの、実態としては現地の「まるも」が主体を務め、ほかは一部を除いて純参加者に近かった。

俺はといえば、せっかく東京湾を挟んだ向こう側まで行くわけだから、現地を楽しむことを優先に懇親会の類だけの出席と決め込んだ。海へ山へと、大いに歩き回るためだ。

続きを読む

器を割ったことを謝って感じた、ただ許される居心地の悪さと謝ることの意味

迂遠な書きもの #3

先日、良かれと思ってシンクに溜まっていた洗い物を片づけていると、うっかり手を滑らせて器を一枚割ってしまった。

その器は、ルームメイトの板前が数年をかけて集めたうちの一枚。割ってしまったことを正直に伝えて謝り、お詫びに食事をおごる旨を申し出た。

ところが、彼は「器は割れるもの」と言って特に怒ることも何かを求めることもなく、ただ手打ちにしてくれるという。

その言葉を受け、ほっと安堵すると同時に、ふと疑問が浮かんでしまった。

続きを読む

月という普遍的にして不思議な奇跡を、煩雑な日常の中に置き忘れていく

迂遠な書きもの #2

月を見上げるその度に、不思議だと思えている。

いつまでも変わることなくそう思うのだろうという、確信めいた予感。

月があるというただそれだけの事実が、僕らが連綿数多の奇跡の果て、その末席に生きていることを教えてくれる。

続きを読む

徒歩旅、1日43km!三軒茶屋駅~鎌倉駅まで歩いてみた経過と結果の総まとめ

徒歩旅行記 三軒茶屋駅 → 鎌倉駅

こんにちは、パラベルです。

勤め人を辞めたとして、やってみたいことはありますか?

長いようで短い人生にあって、誰しも一度はそんなことを考えた経験があるものだと思いますが、先日ふと思い立って(1日あたりの)人生最長距離を歩いてみました。

続きを読む

考えすぎと考えなしの狭間で、ふと気づけば僕らは行路を見失ってしまう

迂遠な書きもの #1

考えすぎれば何もできなくなり、考えなしでは手痛い失敗を被ることがある。

そうと理解はしていても、つい考えすぎてしまう。

思考を放棄することはせず、かといって考えすぎることもせず、ほど良い塩梅で考えながら行動すればいい――ただそれだけの、ごく簡単なことがどうにも苦手なままでいる。

続きを読む

パラベルはついに会社を辞めて、先の見えない無職生活を始めることにした!

人生行路は自由、という名の不自由。

こんにちは、パラベルです。

久しぶりの更新ですが、今回はいわゆる「退職エントリー」なるもの。ついにこれを書く日が来たかと思うと感慨深いような、そうでもないような。

本当は会社員生活の最終日に記念碑として書き残したかったのですが、作業の遅延で遅れました。気分だけは最終日にしたいので、記事の日付は「2017-01-31」にしておきます。

続きを読む

人気ブログ『今日はヒトデ祭りだぞ!』の秘密に、それほどまでは迫らない!

INTERVIEW ヒトデ

こんにちは、パラベルです。

ブログ『今日はヒトデ祭りだぞ!』を知っていますか?

はてなブログ界に流星のごとく現れたニューフェイスとして人気を獲得し、今や「はてなのアイドル」の名を欲しいままにする気鋭のブロガー・ヒトデさんのブログです。

続きを読む