読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言の葉紡ぎのパラブログ

言葉で世界にかけ橋を。

年間3万円以上を浮かせている、職場での飲料代の節約術を紹介する。

過去記事整理

飲料代は意外と嵩む

節約に取り組むなら、そのかかる労力に節約額が見合ってこそだと思う。

普段職場で飲んでいるペットボトルや缶飲料を見直して、職場によっては調達にかかる手間をほとんどなくしつつも、効果的に節約する方法を紹介する。

俺の場合は500mlの水をやめて以来、年間で3万円ほどの節約ができている、けど、手厚い福利厚生でドリンクサーバー完備なホワイト企業勤めの人には、役に立たないぞ!

飲料品の節約は負担が少ない

節約するには何かと我慢がつきもの、というイメージが強いと思う。

飲料品の節約はむしろ楽をしたり、飲める量が増えることもあって取り組みやすい。

単純に500mlの水は高すぎる

水の銘柄や買う店によって多少の差はあるにしても、500mlの水を通勤途中に営業しているコンビニで買うとしたら、税込84円はする。俺が普段買っている2Lボトルが税込81円だから、500mlに換算すると20.25円、単価/mlでは実に4倍以上も高いわけだ。

そもそも、換算する前でも2Lの方が安いし……。

毎日500mlだけ飲むとして、63.75円×220日の勤務で14,025円の差。

俺の場合は毎日1Lほど飲む上に勤務日数も多いから、概算で3万円ほどの差になる。

持ち運びに便利なところが500mlボトルの利点だから、見ての通りにあまりにも費用対効果の悪い500mlを選ぶ理由は、特にデスクワークを主とする人には乏しいと思う。

大容量の商品を買ってマグカップで飲む

水に限らず、大半の飲料品は内容量が多くなるほど単価/mlが安くなるから、少容量の商品をやめて、大容量の商品を選ぶだけでもかなりの飲料代を圧縮できる。

ただし、大容量の商品を買うと今までのように直接口をつけて飲むには大きすぎるし、必然的に2日以上かけて飲むことにもなるから、容器内の雑菌の繁殖も気になる。

この問題は、職場にマグカップを常備して解決しよう。

職場用に新しく買ったとしても1~2週間で回収できるし、寒い冬場は電子レンジで白湯にできるのもいい。ちょっとだけ、お洒落感も演出できる……かもしれない、たぶん。

外回りや屋外仕事の人でも、事務所に取り置きしておいて、必要なだけ水筒や空ボトルに詰めて持ち出せば節約になる。それが肉体労働なら、いっそ2Lのままでもいい。

通販で職場に直接届ければ、楽をしながら節約できる

比較的寛容な職場なら、許可を取って通販の配送先を職場に指定すると便利だ。

俺は2L×6本×2ケースセットの水をAmazonで買って、元々入っているAmazonプライムの送料無料お急ぎ便で届けてもらっている。ちなみに、自宅用は倍の4ケースセット。

つまり俺の場合、

毎日レジに並んで500mlの水を84円で買い、それを持って通勤する

これが……

月に1回未満の2分もかからない発注操作で、500mlあたり20.25円の水が届く

こうなるわけだ。

しかも定期便を使えばより安く、勝手に届き、商品の質も完全に同じだ。

このためだけにAmazonプライムを契約したとしても、年会費は3,900円だから節約分で完全に取り戻せてしまうし、その他の特典もお得だから文句のつけようがない。

お得な特典の数々については、「今日はヒトデ祭りだぞ!」の紹介記事が詳しい。

www.hitode-festival.com

通販サイトはAmazonに限らず色々とあるから、好きなところから買えばいい。

飲料品のケースは安くて重い最悪の商品でもあるから、配達員の方にはちょっと悪い気がしてしまうけど、それも仕事だからしょうがないと割り切って、遠慮なく発注しよう。

そして伝票に受領印を押したら、心を込めて感謝を伝えよう!

節約重視なら実店舗でのケース買いで決まり

とにかく節約を追及するなら、ディスカウントストアやドラッグストア、スーパーで特売日を狙ってケース買いをするのがいい。俺の知る限りでは、2L×6本の水ケースを税込324円で売っている店があった。2Lあたり54円という破格だ。

それを職場に持ち込むことを考えると、そのかかる労力に節約額が見合うかどうかは怪しいものだけど、どうしても節約重視でいきたいなら、考えてみてもいい。

まとめだ!

というわけで、職場での飲料代を節約するための要点をまとめると、次の通りだ。

  • 飲料品は内容量が多くなると極端に単価/mlが安くなる!
  • 大容量の商品を買って、職場にマグカップを常備して飲もう!
  • 外回りや屋外仕事でも、水筒や空きボトルを使えば応用できる!
  • 通販の配送先を職場にすれば、楽をしながら節約できる!
  • 飲料ケースは重いから、配送員の方には心を込めて感謝を伝えよう!
  • 節約重視なら、実店舗での特売日のケース買いがお買い得だ!

俺は水以外の飲料品でも大容量の商品を買うから、年間の差額は3万円を超える。

飲料に限らず日常的に買っているものの中には、大容量の商品を買ったりまとめ買いをすれば節約できるものがあるかもしれないし、折に触れて見直してみるのもいい。

浮いた差額を有効に使えば、人生はきっともっと、豊かになっていくはずだから。

そんな職場の飲料品から始める節約術、どうぞお試しあれ!

うん。

そんなところだ!