PARABELL LIFE

描いた「理想の暮らし」は、自分の力で組み立てる ―― そんなフリーランス・ライフ・ログ。

ブログに何を書けばいいのかわからない!という質問が面白いので、考えをまとめた

ブログが先か題材が先か

先日、ブログ初心者支援メディア(合ってるかな?)の『完全初心者のためのブログの始め方』に寄せられていた質問に思うところがあったので、考えたことを書いてみます。

きっかけになった記事のリンクも置いておきます。

そんなん好きに書けや!

この身も蓋もない出だし、本質を突いていて最高。

そのあとに続く丁寧なアドバイスもいい感じなんですが、それよりも俺はこの質問自体を面白いと思ったんですよ。

ブログを書く(始める)ことに対する動機や目的のズレが表れているように思えて。

ブログを書くかは本人の自由に委ねられている

そもそもですが、個人のブログは「書かないといけないもの」ではないですよね。書く義務はないし、必要なわけでもない。

書くも書かないも本人の自由です。それがブログ。

これは「何を書くか」でも同じことで、書くと法的に問題があるとか、ブログサービスやサーバーの規約違反になるとか、そういうこと以外なら何を書いてもいいわけです。

何を書けばいいのかわからないにしても、「とりあえず触ってみよう!」でブログを開設してみるのはありです。やってみて初めてわかることもありますし。

開設して、エディターを開いて、試しに何か書こうとしてみる。結果として書くことやブログいじりが楽しくなる人もいますからね。

そうならずに「これは向いてないな」と思えば、もちろんそのまま放置してもいいし、ブログや記事が残るのが気になるなら削除すればいい。

ブログは自由さが魅力。

不思議なのは「書くことがない」とか「何を書けばいいのかわからない」のに、それでもブログを書こうとする人たちがいること。これは面白い題材だなと。

パラベル

何を書けばいいのかわからない? 何でもいいし、書かなくてもいいよね。

これでいいはずなんですよ、個人ブログなら。例えば勤務先で運用担当になってしまったとかなら、まぁ悩むと思いますが。

でも、不思議なことにそうじゃない人がいるらしい。しかも、それなりに。面白い。

ブログが手段な人で目的が曖昧だと、書くことに困る

そこで、冒頭で紹介した記事で対象とされている読者の要件を見てみると、

引用
  • ブログを始めたは良いけど題材選びに悩んでいる
  • ブログに何かいて良いのかわからない
  • ブログを既にやってるけどイマイチ題材選びが上手くいっていない気がする

とありました。

これを見て気がつくのは、あの記事が対象としている人たちには、

  • 稼ぎたい
  • 影響力をつけたい

などの目的が別にあって、その手段としてブログ運営に目をつけた可能性が高い、ということですね。それ自体が良い悪いという話ではなく。

もう少し無遠慮に言えば、何かしらの目的があってその手段としてブログを始めた(始めようとした)ものの、実は自分でも何を目指しているのかが見えていない人。

事業でも趣味でもいいですが、やっていることやこれからやろうとしている何かがあってのブログ運営なら、書くことがなくなるような事態にはまず陥りません。同様に、わからなくなることも少ないでしょう。

目指しているものが明確なら、それに関係することを書けばいいだけです。

そのことについての情報、体験談や考えたこと、日々の活動のエピソード、あれば問題提起など。むしろ「書きたいことが多すぎて更新が追いつかない」のほうがありえます。

書くことがないとか何を書けばいいのかわからないと悩んでいて、もしブログが「手段」だとしたら。目を向けるべきはブログではなく、別にあるのかもしれません。

書きたいことの主体がないなら、ブログを続けるのは難しい

書く=表現すること、表現する=伝えることです。

ブログは自分の中にあるものを表現して伝えるためのキャンバスです。自分の中に何かしらの表現したいものを持っていなければ、もちろん何も書けません。

  • 個人で稼げるようになりたい
  • 何者かになりたい
  • だけど具体的なイメージはそれほどない

この手の曖昧な目的でブログを始めようとしても、何を書けばいいのかわからないのは当然といえば当然。

自分が何をしたいのかはっきりしていないなら、何を伝えたいのかもはっきりしない。だから表現できない、というよりは、するものがない。

書きたいことの主体がないのにブログを書き続けるのは、かなり難しいです。ほとんど無理だと思ったほうがいいレベルですね。できるとしたら、本当に書くことが好きな人か、作業的に向いている人くらいですよ。

ネタを無理矢理捻り出す苦労もさることながら、書きたいわけでもない文章を書くのは結構な苦痛です。例えば学校で書かされる作文、あれが苦手な人だと想像しやすいはず。

ブログの継続率がやたらと低い(1割や5%など、諸説あります)のも、そういうところが要因でしょうね。続ける理由よりもやめる理由の方が多いですし。

とにかく何を書けばいいのかわからなくて困っているなら、これ!

ブログは基本的に何を書いてもいいのが魅力です。

その基本を思い出せれば、また書けるようになります。大丈夫、安心してください。

ただ、「書けないブログなら書かない」のが一番だと俺は思いますけどね。

目的が何であれ、書けないブログを無理に続けようとするとストレスが溜まります。ブログでストレスを溜めるって、それはもう何というか、残念ですから。

意識しすぎて書けなくなるくらいなら、無視して書く!

ブログを書けなくなる人にありがちなトラップに、「意識しすぎ問題」があります。

例えば、

  • 読んでもらえないかも
  • こんなこと書いてもいいのかな
  • 稼げる記事を書けていない
  • 文字数・記事の質・ワード・SEO……

などを意識しすぎるあまりに、書けなくなります。

読まれる記事や稼げる記事を書きたい気持ちはわかりますし、特にそれで生活している(したい)なら尚更そうでしょうね。

でも、それを意識しすぎるあまりに何も書けなくなるなら、それこそ本末転倒です。

書けなくなるくらいなら、読まれなかろうと稼げなかろうと、書きたいことを書いて公開すればいいんですよ。どうせその記事が読まれるか&稼げるかなんて、公開してからしばらく経ってみるまではわからないんですから。

記事の価値は、削除するまでは誰にもわからない

削除するまで、その評価は確定しません。

なぜこの記事が? なんてことがあるのも、ブログの面白さ。

自分では「この記事はダメかもしれない」と思っていても、公開してみれば意外と需要があるかもしれません。だから、とりあえず書いて公開してみるといいですよ。

公開して最終的にどうしてもダメだとわかったら、その時に手入れすればいいだけ。

結論!

パラベル

細かいことはいいから、とにかく書く!

純粋な個人ブログなら悩む必要はまったくない

純粋な個人ブログというのは、趣味かその延長のブログです。稼げるに越したことはないけど、別にそれが目的じゃないから稼げなくてもいい。そのくらいのブログ。

そういうブログなら、書きたいことや書けることなら何でも書けばいいです。それこそ「何を書けばいいのかわからない」ことを書くのも面白いかも?

よくあるのが「有名人でもない個人の日記なんか誰も興味ない」の類。そうかも、と思って書けなくなってしまう人がいるんだとか。

いやいや、好きに書けばいいんですよ。誰に言われたって遠慮する必要はないです。

仮に誰も興味がないとしても、書きたいと思うなら書いていい。それがブログのいいところですからね。だから書けばいい。

それで続けているうちに欲が出てきて、もっと大勢に読まれたいだとか、せっかくだから稼ぎたいと思うようになったら、そこで何かしらの工夫をすればいいわけで。

例えばそう、昼食の話だとしましょうか。

  • 面白くなるようにめちゃくちゃ盛った表現をする
  • 誰よりも参考になるレビューやレシピなどにして有益化する

実際、そうやって人気を得ているブロガーもいますからね。元は個人的な日記でも、やりようは色々あります。

本当に大事なのは、「何を書くか」よりも「どう書くか」。

そのままだと取るに足らない日常だったはずの1コマでも、多くの人が振り向くような面白い記事に変えられる可能性は常にあります。すべては書き手のあなたしだいですよ。

結論!

パラベル

書きたいなら書けばいいのがブログだ!

ブログに書きたいことが多すぎるのも、それはそれでつらい

何を書けばいいのかわからない悩みがない代わりに、書きたいことが多すぎて書くペースが追いついていないやつもいます。

パラベル

俺か、俺だな。

書きたいことも書く時間もあるのに、1記事にかける時間が異常に長いせいでまったく追いつかないポンコツな今日この頃。これはこれで結構つらい。

そんなわけで、更新再開からネタメモで目についたものを選んだり、SNSのタイムラインからの着想で書き始めている俺ですが……。

雑記化が! 止まらない!

あまりにも方向性が散漫すぎて、記事数とカテゴリー数が同じくらいになっている体たらくですが、このブログは『PARABELL LIFE』。ほら、人生は雑記ですからね。

生きていればこれから先もきっと色々あるはずで、このブログを続けて雑記を極めるくらいでちょうどいいのかもな、とそんなことを思いながら今この記事を推敲しています。