PARABELL LIFE

描いた「理想の暮らし」は、自分の力で組み立てる ―― そんなフリーランス・ライフ・ログ。

ノンオイルをノンに!美味しくないノンオイルドレッシングを美味しくできるかも?

オイルさえあればいい

ノンオイルドレッシング……って、あるじゃないですか。

好きな人の気を悪くしたら申し訳ないんですけど、どうにもあれが苦手なんですよ。

同じメーカーの同じ味を食べ比べてみても、どうしてこんなに違うんだろうと思ってしまうくらい、決定的に何かが違う。何ともいえないこれじゃない感がある。

シャバシャバしてるっていうか、コクがないっていうか、まるでオイルが入ってないような感じがするんですよね、あれは。

食べられないほどではないから、それしかないなら使う。だけど好んで買おうまでは思わない。そんな微妙なところを突いてくるのが、ノンオイルドレッシング。

ところが!

ついに発見しました。この人類史上でも稀な、悩ましく紛らわしい存在と仲良くなれる方法を。完全にして完璧で、しかもコスパも良い、まさに究極的に素晴らしい発想です。

ノン・ノンオイルドレッシング!

パラベル

こっ、これだー! オイルを入れてしまえば、もうノンオイルじゃなくなる……!!

ノンオイルドレッシングがもたらす数々の悲劇

衝撃の事実が明らかになったところで、ノンオイルドレッシングによってもたらされる悲劇について語りますね。

間違えて買ってしまうことがある

これは万人に起こりえる、ごくありふれた悲劇の話です。

人は必ず間違いを犯しますから。

もちろん、中には美味しいノンオイルドレッシングだってありますよ。それは認めます。でもね、オイル以外が同じ味ならノンオイルは「なし」なんですよ。そこは譲れない。

なのに、時々間違えてしまう。うっかり買っちゃう、ありふれた悲劇。

急いでいたり、考え事をしていたり、疲れていたり……そんな隙を狙い、やつらはこっそりと忍び込んできます。

オイルドレッシングのふりをして、買い物カゴに、買い物袋に、あまつさえ、冷蔵庫にまで入り込む。

気づいた時には、もうすべてが遅いんです。一度開けてしまえば返品はできないし、未開封でも気が引けるし、そもそも返品自体がめんどくさい。困ったことに食べられないほどではないせいで、つい使ってしまう。

望まない関係なのに、強要されてしまう。

パラベル

何て罪深い存在なんだ、ノンオイルドレッシング……!

同居人がいると間違えたり、勝手にかけられる

想像できますか、一つ屋根の下で暮らしている、オイル派とノンオイル派の生活を。

冷蔵庫には両方のドレッシングが混在しているか、どちらかが一方が我慢して相手に合わせている。そんな状態にあります。

混在していれば、当然のように間違えますよ。大体似たようなパッケージですから。

間違えて使ったが最後、せっかくのサラダがノンオイルになるわけです。たまったもんじゃない。さっきまでは穢れない姿だったのに。俺のサラダを返してくれ。

断りなくノンオイルドレッシングをかけられてしまうことだってありえます。不可侵条約違反で戦争待ったなし。

最悪なのは、我慢を強いられているケースです。これはもうオイル派に対する弾圧、人権侵害と考えるべき事案でしょうね。

望まない関係なのに、強要されてしまう。

パラベル

何て罪深い存在なんだ、ノンオイルドレッシング……!

ノンオイルドレッシングにオイルを入れると?

何もかもすべて解決。

ノンオイルドレッシングの押し付けがましい控えめなカロリーからも逃れられます。

ノンオイルドレッシングにオイルを入れる

これだけの作業で……か、革命!

使うオイルはサラダ油でも何でもいいです。適当にノンオイルドレッシングに入れて混ぜれば、大体普通のドレッシングっぽくなります(元々ノンオイルが標準のものは別)。

間違えても、もう悲劇は起きない

この事実に気づいて以来、間違えて買ってしまっても悲劇にはならなくなりました。

間違えても、オイルを入れればいいだけ。

そんな余裕を手にしたおかげで、世界が変わった気分ですよ。本当に。

あえてノンオイルドレッシングを買う、なんて選択肢まで増えたくらいですからね。

諦めていたあの新しい味に挑戦できる

ラインナップにノンオイルしかない商品、ありますよね。せっかく手に取ったのに、ノンオイルしかない。

以前までは何となくオイル派差別的な扱いを受けているような気分になっていましたが、それもオイルを入れるだけで解決ですから。

解決を通り越して、オイルを入れる前後で2度も楽しめるようになります。革命的!

地味に量が少し多くなって、微妙に経済的

同じメーカーの同じ味という条件の場合、オイルドレッシングを買うよりも、ノンオイルドレッシングにオイルを入れたほうが量に対してコスパが良くなります。

使うドレッシングとオイルの組み合わせにもよりますが、大抵はオイルの方が安い。

ケチくさい? いやいや、これが意外とバカにならないんですよ。サラダが好きでドレッシングを使う量が多いとなれば、長い目で見れば結構違ってきます。2割とか。

試しにノンオイルドレッシングにオイルを入れてみよう

というわけで、ノンオイルドレッシングにオイルを入れる小技の紹介でした!

オイル派なのに間違えて買ってしまったときは、悲観に暮れる前に騙されたと思って試してみてださい。まだ戦えますから。

ちなみに、実際に試したことがあるノンオイルドレッシングは、例えばこれですね。

中華風ドレッシングのノンオイルは、NG中のNGです。

オイル一択の中華風ドレッシングでも、あとからオイルを入れれば大丈夫!

ノンオイルドレッシングをECサイトで探す

買ってまで試すのは本末転倒な気もしますが、興味があるならノンオイルドレッシングを検索してみてください。

お好きなECサイトのボタンを押せば、「ノンオイルドレッシング」で検索した結果を表示してくれます。近場の店では売っていない、気になる商品があるかもしれませんよ。

Amazonで買うなら「Amazonプライム」がおすすめ!

ドレッシングなどのちょっとした買い物で通販を使おうとすると、どうしても気になってしまうのが高い送料。

Amazonで買い物をするなら、「Amazonプライム」が超おすすめです!

  • 初回に限り30日間無料で体験できる
  • 体験してみて気に入らなければ簡単に退会できる

退会手続きの際もしつこく引き止められることはなく、サクッと退会できます。

  • 豊富なプライム対象商品で使える「お急ぎ便」が無料
  • プライム会員優先で開催されるタイムセール
  • 映画・アニメ・ミュージック・電子書籍などの特典コンテンツ

などなど、特典が用意されすぎていて把握できないくらいのお得なサービスなので、ぜひ試してみてください!