PARABELL LIFE

ゆる哲学と丁寧の“Co民家”を運営するフリーランス・パラベルのポータル×コラムブログ

文字と言葉のフリーランス・パラベルの詳細プロフィール

パラベルのプロフィール

ゆる哲学と丁寧の山奥古民家フリーランス・パラベルのプロフィールへようこそ!

パラベルとは、高知県・嶺北地域の山奥で古民家暮らしをしながら、その家を“Co民家”として運営しているフリーランスです。「ゆる哲学と丁寧」をテーマに、最寄りの自販機まで実に4km以上の山奥で暮らしています。

さて、このページではパラベルについて大まかに知ることができるように、次のとおりまとめておきました。興味を持っていただけたら嬉しく思います。

パラベルって何者?

高知県・嶺北地域の山奥で古民家暮らしをしているフリーランス。30代半ばの男性。

現在はインターネット経由の仕事や地域の仕事を掛け持ちして生計を立てる傍ら、住んでいる古民家をDIYで手直ししながら“Co民家”として運営している。

人生上のテーマは「ゆる哲学と丁寧」。

今後は自前の商品・サービスを事業化し、収益の柱に育てるべく活動中。先は長い。

と、これだけだとお堅いので…

好きなものは、多種多様な創作物。映画はもちろんアニメに漫画、物語は人生には欠かせません……が、インドアばかりというわけでもなく、

  • 山奥暮らしを選ぶだけあって自然が好き
  • 温泉旅行は至福の贅沢
  • それでいてデジタル&バーチャル・ワールドにも興味津々

内外対応型です。

そして! 猫が! 大好きなんだ!!(ねこぐるい)

パラベル

まずはそんな感じで、よろしくお願いしまーす!

なぜ山奥の古民家暮らし?

さてさて、どうして山奥の古民家暮らしをしているのか、フリーランスで“Co民家”運営をしているのかというと。

以前は東京の製造系中小企業で課長職をやっていました。が、色々ありすぎたので2017年の初頭に退職。幸い、体の不調と心の致命傷程度の被害で済みました。

人生上の残念な出来事をざっくりまとめると……

  • お世辞にも良好な家庭環境とはいえなかった
  • ほぼ「命令」で行かされた大学を死にたくなって中退
  • 19歳で就職した会社がブラック企業
  • 3年半で鬱病を患って退職、それから2年間バイトを点々とする
  • ついに限界を迎え、完全に働けなくなり丸3年間の引きこもりニート生活
  • 猫と自然とインターネットの力で鬱を克服!
  • 再就職先で管理職に抜擢、出世コースに乗ったものの
  • 5年後に過労と社内政争で消耗を極め、心身を病んで会社を去る

正直なところ、生きていくのが本当に面倒になってしまった時期が何度もあって。

そういうわけで、思ったんですよね。

パラベル

全部見直そう、全部だ。大丈夫、最悪でも何もかも失う程度だから。

見直した結果、生きていくのが面倒になってしまうような過去とは正反対の方向に振り切ることにしました。試してみよう、と。

加えて、

パラベル

同じように苦しんでいる人がいるはず……何か俺にできることはないのかな?

とも考えていて。

知る人ぞ知る三軒茶屋のシェアハウス「ハイパーリバ邸」の創設メンバーであり、初代共同管理人をやっていたこともあって、この問いの答えはすんなり出ます。

  • 環境を変える機会とそのための場所
  • 理解者であり実践者の存在
  • 世界の多様性を触れ、それと向き合える時間

自分にとって必要だったものは明確。だからそれを提供できる場所、すなわち人生の交差点として機能する場所を作ることにしました。

そうしてハイパーリバ邸で得た繋がりをたどり、高知県・嶺北地域に3度にわたって足を運んだ末に借りた古民家を“Co民家”としてリリースしたのが、「ぱらべる庵」です。

いかんせんまだ始まったばかりなので、今後どうなっていくかは正直なところ未知数ではあります。が、もしあなたにとって人生の交差点が必要かもしれないと思えたなら、下の関連記事も読んでみてください。

また、友人・知人などに思い当たる人がいるなら、可能性の1つとして「こんなところもあるみたいだよ」と声をかけてあげるのもいいかもしれません。

このブログについて

このブログ『PARABELL LIFE』は、そんなパラベルのポータルサイトです。

同時に、日々浮かんでは積もりゆく考えや想いを文字と言葉で綴って留める、コラムブログでもあります。

ちなみに利用サービスは「はてなブログPro」、デザインから実装まで自分で制作。

どんなことを書いていく?

ポータルサイトとしての役割は、次のとおり。

このブログの役割
  • お知らせ全般とそのまとめ
  • 自前の商品・サービスの詳細説明
  • ブログデザインなど、表現活動の実験場
  • 結果的にポートフォリオ化

要するに、オンライン/オフライン活動の中心基地……的なイメージですね。

最近は主観の強めなコラムをたくさん投稿していきたい気持ちが強いので、更新のメインはコラムになる予定です(日々の読み物として読んでもらえるようになるのが目標)。

パラベル

ちなみに「今月は何万PV、収益は何万円! Fooo!!」の類、精神的に向いていないのがよくわかったので諦めました。Amazonだけちょっと貼るかも? くらいかな。

免責事項

当ブログでは、故意に読者を不利益へと誘導する情報を掲載することはありません。

しかしながら、当ブログの掲載情報を用いて行う一切の行為、およびその結果に関して、運営者は一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

また、単純な事実誤認および記述上の誤りのほか、時勢の変化によって適切とは考えられなくなった内容の発生を確認した場合、特段の告知なく内容を修正・変更または削除することがあります。

当ブログの発リンクを介して外部サイトに遷移された場合であっても、遷移先サイトの動作および提供される情報・サービス等に対し、当ブログでは一切の責任を負いません。

プライバシーポリシー

当ブログ『PARABELL LIFE』のプライバシーポリシーに関する記載です。

Amazonアソシエイト・プログラム

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Googleアナリティクス(アクセス解析ツール)

当ブログは、Googleによって提供されるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しており、トラフィックデータの収集を目的として、Cookieを使用しています。

当該トラフィックデータは匿名データとして収集されており、個人を特定するものではありませんが、ブラウザの設定でCookieを無効化すれば収集を拒否できます。

なお、Cookieを無効化するための設定方法、および無効化することによって生じる影響に関しては、お使いのブラウザのマニュアルをご確認ください。

Googleアナリティクスの利用規約については、Google社のサイトをご参照ください。

ソーシャルアカウント

パラベルのSNSアカウントほかを紹介します。

主戦場はTwitter、それ以外は閲覧専用や記録用が多いです。

Twitter

考えや想いなどを奔放に発信中、主張は強め。頻度は日によってかなりムラあり。

オールインワンかつ不必要にきつい縛りを強いてこないので、SNSの中では断トツで利用頻度が高いです。DMは縛りなしのフルオープンなのでお気軽にどうぞ~。

Instagram

旅先の風景や惹かれた何かをCanonのコンデジで撮って載せていました。

しかし画像アスペクト比の縛りや原則PCで投稿できないなど、何かと制限が煩わしく感じてしまって今やすっかり幽霊アカウントに。

note

ほぼ購読専門ですが、そのうち創作したい欲はあったり(書くなら掌編小説かな)。

noteのシステムはスモールビジネスを展開する際に使い勝手が良い仕組みになっているので、そういう使い方をしていたりもします。

Filmarks

視聴済みの映画と興味のある映画を淡々と登録しています。

採点やレビューはしていませんが、履歴から好みの傾向がモロバレです。

Annict

同じく、視聴済みのアニメと興味のあるアニメを淡々と登録しています。

こちらも採点やレビューはしていませんが、履歴から好みの傾向が丸わかりですね。

お問い合わせ先

特に制限事項などの設定はしていないので、

  • お問い合わせ・連絡
  • 仕事の依頼
  • 個人的なお悩み相談
  • ぱらべる庵に行ってみたい

などなど、どうぞ気軽にアクションを送ってみてください。

返信は最短で24時間以内、遅くとも72時間以内のお届けです。ただし明らかな嫌がらせ案件だった場合、嫌がって永久にそっとしておくので送らないでください。

連絡先一覧
Gmailの補足事項

Gmailのアドレスは「★」を「@(半角アットマーク)」に変えて送信してください。

注意事項

メールでのご連絡かつ送信から72時間以上経っても返信がない場合は、迷惑メールフィルターが悪さをしているかもしれません。念のため、一度迷惑メールフォルダーを覗いてから別の連絡方法を試してみてください。

パラベルのほしい物リスト

あっ! あーっ!

まっ、ちょっと待って! わかります、言いたいことはわかります。

でも、だけど……その、ある時代のとある界隈で、そんな習慣があったんですよ。当時の俺はその流れに乗れなかった。だからせめて、今ここで心残りを供養しようと思って。

パラベル

本当にそれだけなんだ! み、見逃してくれっ!